ダテシンブログ

隙あらば肉を食べます

続き(暇な人向け)

私が授業用に思い出したいという理由のみで銀河鉄道の夜を解説する。

 

続き

 

銀河鉄道に乗って少し経った頃、カンパネルラは少しどもり気味に「おっかさんは、僕を許してくださるだろうか。おっかさんが幸せになるなら、僕はなんでもする」といいます。ジョバンニは、君のお母さん優しいから大丈夫だよとい励ますと、カンパネルラは「ほんとうにいいことをしたら、一番幸せだよね。だから、許してくれるよね」とこぼします。

 

その場は収束します。かなり端折るけど、プリシオン海岸という所で2人は一旦降り、大学士と出会います。大学士はその星の地層研究をしていて、「自分の研究を他人にすごいことなんだと証明する」ために慎重に化石を掘っている。これこそが大学士にとっての、「ほんとうの幸い」。

 

次に出会うのは鳥捕り。彼は鷺や雁を素手で取っては、「どうもからだにちょうど合うほど稼いでいるくらい、いいことはありませんな」と言う。身の丈に合った稼ぎこそ、彼の幸いの形。

因みにジョバンニは「カンパネルラと2人でいたいのに、鳥捕りのおじさん邪魔」と思っています。そんな自分にも自己嫌悪を感じています。

 

次に出会うのは、家庭教師の大学生と姉弟

黒い上着を着ていたり、裸足だったりと不思議な格好。

大学生は、「乗っていた船が氷山にぶつかっていっぺんに傾き、沈みました。ボートにも乗り切れず、人を押しのけて助かろうとしたけど、そんなにして助けるよりも皆で神様のところに行くことがこの方達(姉弟)の幸せだと思いました」と話します。大学生と姉弟の幸いとは、宗教、信仰、自己犠牲。因みにこの3人は日本人名でキリスト教徒。

 

皆で林檎を食べながら車内で談笑(?)する一同。降りる駅が近づいたと大学生が言うと、ジョバンニは「天上の神様の前に行くとか言ってるけど、そんな神様嘘だよ、もっと遠くに行こうよ」と言います。

 

大学生の青年は「じゃああなたの神様ってなんですか」と聞き返します。答えに困っているうちに、「ハルレヤハルレヤ」と賛美歌が聞こえてきます。寂しいけど3人にさよならを言ったジョバンニは、カンパネルラと車両で二人きりになります。

「僕はほんとうに、みんなの幸いのためなら僕の体を100回焼いたって構わない」と言い、カンパネルラも同意します。

その後、2人はほんとうの幸いとは一体何かは分からないけど、しっかりやろうね~と話し、そのうちカンパネルラが窓から見える野原をゆびさして「あすこの野原はなんてきれいなんだろう!あすこが本当の天上だ」と言い出します。

ジョバンニは窓の外を見たけども、そこは白い煙があるばかり。そこを過ぎて電柱とかが見えてきました。「カンパネルラ、一緒に行こうね」と振り返ると、カンパネルラが着ていたあの濡れたように真っ黒な上着だけが残っている。

ジョバンニは泣き喚き、目の前が真っ暗になりました。

 

目を覚ますと、そこは最初寝転がっていた野原。目からは何故か涙が溢れていました。

 

その後、ジョバンニはカンパネルラが船から落ちて溺れるザネリを助けるために川に入り、それから行方不明だと言うことを聞かされます。

ザネリはカンパネルラに助けられて無事。

 

ジョバンニはカンパネルラのお父さんと話し、もうカンパネルラが帰ってくる可能性はほとんどないと聞かされます。「君のお父さんから手紙が来てたから、もうそろそろ帰ってくるだろう」ということも聞かされ、それを母親に伝えるためにジョバンニは河原から街に戻るというところで話は終わり。

 

ここまで読んだ人はすごい。真のダテシンブログ読者だ。私が偉い人だったら、メダルをプレゼントしたいけど偉くないので、今度めんべいをあげます。

 

 

あらすじはまあこんなものとして、多分問われるのはカンパネルラの行動について。

カンパネルラはお母さんが許してくれるかどうか気にしていた。友達を助けるために川に入るのは賞賛される行為だが、意図せず死んでしまったことは遺された家族やザネリを追い詰める結果である。特にザネリは「サバイバーズギルト(災害などの生存者が罪悪感に苛まれること)」に苦しむでしょう。

大学生の家庭教師と姉弟は自ら神を信仰して死を選んだ。しかしカンパネルラは死のうなんて思っておらず、うっかり死んでしまっただけ。

結局、カンパネルラは「みんなのほんとうの幸い」には行き着くことができない。不幸になる人が出ているから。

しかしジョバンニはどうだろう。ジョバンニは承認欲求の自己充足や自己犠牲、宗教や信仰がほんとうの幸いだと思っていない。スペイン人名なのにキリスト教徒でもない。それよりもっと高い次元で、みんなのほんとうの幸いを銀河鉄道の旅の中で問い、求めようとしている。

ジョバンニこそ、みんなのほんとうの幸いを求めうる人間なのではないだろうか。

 

(めちゃくちゃ長い事書いたけど、セリフは要約してるし私見もバリバリ入ってるのでこれが全てじゃないです。)

考えを整理したかっただけなので、苦情は受け付けません。こんな勉強してるんだな、と思っててください。それじゃ、私は昼寝と洒落こみます。さようなら。

セミの抜け殻を乱獲したい

セミの抜け殻を乱獲したいが、歳が歳なのでやめておきます。

 

じつは昨日一昨日と、すごく具合が悪くて、マジで死ぬかと思いました。今はもう唐揚げ食べるくらい元気なんですけどね?

 

一昨日ゾンビ映画(ロンドンゾンビ紀行っていうやつ)見てて、思ったよりグロテスクだな~とか思ってて、まあそれはよかったんですよ。

次の日ほんと吐き気が半端なくて、次の日の授業でアニメ銀河鉄道の夜を見たんですけどその時マジで吐くかと思った。でもここで吐くと銀河鉄道の夜で吐いたみたいになるから踏みとどまった。

銀河鉄道の夜をモチーフにしたドラマがありますが、主人公の名前は銀河鉄道の夜に出てくるカンパネルラから取った、っていうエピソードあるんですよね。

あれ正直お母さん正気か?とも思いますね。だってカンパネルラ小学生くらいなのに川で溺れて死ぬんですよ。同級生を助けるためとはいえ、他人のために身を投げた人の名前付けるか?とか思いました。まあどうでもいいけど。

 

銀河鉄道の夜は原作はちょっと読みにくい感じがしました。今と言葉遣いが違うし、何より「本当の幸いってなんだろう」みたいな哲学的なテーマだしで、絵本とかになってるのはどう締めくくってるんだろう。カンパネルラは死んでない感じになってるのかな。

 

ここで授業の受け売りではあるけど銀河鉄道の夜がどんなもんか、覚えてない方も多いと思うので説明しましょう。(じつはテストに出るからここで考え直したいだけなので、忙しい人はブラウザを閉じて現場に戻ってください。あなたを必要としている人がいます。)

 

銀河鉄道の夜宮沢賢治の最高傑作とも言われる作品の一つです。

主人公のジョバンニは母親と姉と暮らしています。病弱な母親のためにバイトしたりしてる勤労少年です。漁にでたってきり帰ってこない父親を待っていますが、ラッコを密猟して捕まったんじゃないかという噂が立って同級生のザネリ達にからかわれ、学校に居場所がない。

唯一からかわないでいてくれるのは友人のカンパネルラ。父親同士が知り合いで、昔は気兼ねなく遊んでいました。今はザネリ達のせいで少し疎遠みたいな感じ。

物語は学校の場面から始まります。バイトで疲れたジョバンニは、先生に当てられても答えられなかったりして(銀河の質問でした。伏線)ザネリにまたからかわれ、授業が終わってもぼっちでバイトに行く。今日はケンタウル祭(架空の祭)だというのに働くジョバンニに、お母さんは遊びに行ってきなさいと声をかけます。ジョバンニは「じゃあ1時間半で戻ってくるよ」とお祭りに出かけます。

途中、ザネリが通りかかったので「お祭り行くの?」と聞くと、ザネリは「ジョバンニ、お父さんがラッコの上着を持って帰ってくるよ!」

という嫌味で返してきます。ジョバンニはめちゃくちゃ腹が立ってやりきれなくなり、お祭り会場から離れた丘陵の野原まで走って、寝っ転がって満天の星を眺めます。

すると、どこからともなく「銀河ステーション、銀河ステーション」と聞こえた思うとジョバンニは気が付かないうちになぜかその鉄道に既に乗り込んでいた(結局ジョバンニの夢の話だからなんでもあり)。目の前には背の高い子供がいました。それは、濡れたように真っ黒な上着を着たカンパネルラ。カンパネルラは「ザネリはね、随分走ったけど追いつかなかったよ。お父さんが迎えに来たんだ」と話します。

久しぶりにカンパネルラと2人で話せたジョバンニは嬉しくなって、「カンパネルラ、僕とどこまでも一緒に行こう」とはしゃぎます。

 

思ったより長くなりそうだ。次の記事に回そう。続く。

避難するか

雨が尋常じゃない。なんか避難勧告出てるけど避難したら雨が強すぎて傘に穴があいて私に刺さるから外に出たくない。でも雨とは思えんくらいの轟音がそこら中に響いている。今日は選挙だけど、皆選挙のついでに避難してるんだろーか。

ちょっと怖いけど、もう少し様子見します。f:id:kmkzchang:20190721115301j:image

昨日の肉。

なんか無理だった

台風のせいでメンタルが不安定MAXハートでした。

f:id:kmkzchang:20190720194218j:image

特に何もしてないけど賞味期限切れの肉を食べる。ご飯が炊ける前にもかかわらず食べる。

これから毎日更新してみせるぞ…………ダテシンの名にかけて!

 

更新しなくてsorry

f:id:kmkzchang:20190710195205j:image

この間めっちゃ美味しいもの食べました。

ローストビーフと唐揚げと、隣にエビチリもあります。大丸の券をくれたママに感謝です。

 

 

しかし、ローストビーフを買う時に事件は起こりました。

私と友人Sは、「やっぱり、牛肉だよな」「ああ、牛肉しかねぇ!」とローストビーフ嬉嬉として購入しました。正確には覚えてないけど、700円くらいだったかな?

だがいざ会計をしてみると…明らかに倍になっている。おかしい。

私は3秒ほど固まって、友人Sの方を一瞥した。

私も彼女も、自分の身に何が起こったか判別がつかなかった。

不思議そうな顔で私たちを見つめる店員。いや私たちの方が不思議感じてるから。

 

しかしデパ地下の店員をこれ以上待たせることは周りに迷惑だから、私は千円分の券を出し、友人Sもなんやかんや1000円出してくれた。

 

一旦買って、失礼だから何も言わんとこと思いつつ友人Sがたい焼きを買って休憩コーナーに入った時、思い切って言った。

 

「あのローストビーフおかしくね?ちょっと意味がわからない」

 

友人Sは、たい焼きの頭部を1口齧りながら視線を斜め下に泳がせた。鯛だけに。

 

「いや、あれ見たら200gからしか売ってねーんや。ウケ」

 

……。

こんなことがあって、いいんでしょうか。

いや、最初から値段が4桁になると買いにくいみたいなマーケティング戦略みたいなやつはあるかもしんないけど。

一言言ってほしかった……。ただ、それだけの想いが私達の乾いた心に谺響(こだまって読むんだって。知らなかった)した。

 

何が霜降りヒラタケのローストビーフだ!

霜降ってたらいいってもんじゃないんだぞ。

分かってるのか?!

 

そう思いながらレンジでチンして、私と友人Sはローストビーフに箸をつけた。

 

 

全てを許せる味がした。

マジでうまいソース、マジでうまいキノコ、マジでうまい肉の集合体。言わば100点中5万点の味だぜこれは!!!

 

私も友人Sも食べ終わる頃には「高い勉強代だったよな〜」とか言っていた。

私は基本手のひら返しを3秒に1度ほど行うが友人もそんな感じになっていた。

とりあえず肉が美味しいっていう話しね。長々と語ることじゃなかった。

 

今、雨の夜にも関わらず知らねー男がインターホンのカメラに立っていた。ご苦労なことだ。めっちゃ心臓に悪いからやめてくれないだろうか。NHKか?NHKなのか?

 

f:id:kmkzchang:20190710200912j:image

この党、殺るなら早くしてくれ。私は怖いんだ。いつNHKに殺られるか分からないんだぞ。頼んだぞ。

幸せとは

星が降る夜と眩しい朝が繰り返すようなものじゃなく

大切な人に降りかかった雨に傘をさせること…

でもなく

 

フルーチェを1パック1人で食べることだ

 

 

f:id:kmkzchang:20190702191811j:image

 

私は100歳を超えてもフルーチェ1パック食べれる!そのあと宇部のいきなりステーキに行く!と言い張りヘルパーさんを困らせてやるぞ

f:id:kmkzchang:20190626194126j:image

 

今日はフォースと共にありました。

一日中機嫌がよくて絶叫帰宅しました。

 

晩ご飯は…肉味噌キャベツを食べました。CookDo。うまい。あとコンビニで買ったサラダ。うまい。

 

言おうか言わまいか迷ったことがありますが、言わないことにしました。気になるやろ?

気になって夜も眠れない方はメールで聞いてもいいよ。