ダテシンブログ

隙あらば肉を食べます

炎と肉のカーニバル

f:id:kmkzchang:20190322195412j:image

ちょっといい肉が踊ってる

今宵僕が招かれたカーニバル

 

まあ炎と肉のカーニバルと言いつつ焼肉なんですけどね。美味しかったです。

f:id:kmkzchang:20190322195715j:image

上のは気にしないでください。これがなんのグラフか分かりますか?

実はこれ、焼肉を食べた時の人間のテンションを表したグラフなんです!

 

最初の10分弱は焼肉という料理の抗いがたき魅力にテンションは最高潮に上がり、牛肉の希少なおいしさに心はまさにカーニバル状態なのですが…

 

15分を過ぎると、急におなかいっぱいになります。そう、うるいが来るのであります…。

うるいが分からない人に説明させていただきますと、Googleで調べてください。

とまあ県民達が一斉に「なんかうるうてきたわ」となり、「楽しみにしてたのになんでこんな量も食べれないんだ…くそ…」という気分になります。私なんか今日昼ごはん食べてないから親兄弟の肉まで食べちゃろという気分であったのにマジで100グラム食べましたか?くらいしか食べれなかったです。アメリカ産牛肉の歯ごたえで満腹中枢が早めに刺激されてしまった。遺憾の意を表明。鶏肉もろくに食べられなかったじゃないか!どうしてくれるんだ!店長を呼べ!!

 

最後に平常に戻る時は「まあ美味しかったしいいか」という思考に至るためだと考えられています。そしてリンゴとかを食べることで平時のテンションを取り戻しているのですね。

 

上がり幅も大きい分気分の上下も激しいのが焼肉というものなのです。しかしジェットコースターが楽しいのと同じで、激しい動きは気分の高揚を促します。よって焼肉は至高とされるのです。

皆さんわかりましたか?

 

わかりましたか?

 

私は全然わからんかったけど……。

 

明日福岡に行きます。大学に用事があるので。またいつか会いましょう。具体的には4月に会いましょう。